生理前になると下腹部の痛み、腰痛、吐き気、頭痛などの症状により日常生活にまで支障を来すことがある月経前症候群、通称PMSを食事で緩和する方法を紹介します。
月経前は先ほど紹介した身体的症状だけでなく、イライラや情緒不安定などの精神的な症状を伴う場合が多いと言えます。甘いものを食べたくなったり、過食になることもあります。PMSの原因はまだはっきりとわかってしませんが、ホルモンの影響があるようです。ですから、ホルモンバランスを整える食事をすることが、PMSの症状を緩和する可能性があると言われています。

138257
PMSの症状を緩和する栄養素としては、イライラを和らげる効果があるビタミンB6、カルシウム、マグネシウムが挙げられます。食材としては、レバー、かつお、まぐろ、ごま、ナッツ類、海藻類などが挙げられます。

また、女性ホルモンの働きによく似た働きを持つイソフラボンを含む豆腐、納豆、味噌などの大豆製品をとることでもPMSを緩和するのに効果が期待できます。

女性ホルモンの活性化のために亜鉛を摂ることも大切です。亜鉛は貝類やレバーに多く含まれます。そして、神経を鎮めるために、ブロッコリーやアーモンドに含まれるビタミンEも有効です。上手に食事に取り入れるようにしましょう。
また精神を不安定にさせる刺激物を避けることも大切になります。カフェインを含むコーヒー、紅茶、緑茶、栄養ドリンクは控えることが月経前や月経中には賢明です。麦茶などノンカフェインのものを飲むようにしましょう。アルコールも神経を緊張させてしまうので控えめにすることで、PMSの症状緩和に効果的と言えます。砂糖の摂り過ぎも要注意です。

糖分は一時的に血糖値を高めてイライラを鎮めてくれる役割を果たしますが、その後、急激に血糖値が下がることで逆効果になります。ですから、砂糖を多く含むケーキやチョコレート、さらには果物の摂り過ぎには気をつけましょう。

PMSを食事で改善

PMSの症状である頭痛、腰痛、むくみも、食事に注意することで緩和することができます。まず、塩分の摂り過ぎに注意しましょう。漬けものやハム、ベーコンなどには塩分を多く含むので、なるべく控えるようにしましょう。カリウムも役立ちます。バナナなどから摂るようにしましょう。利尿作用のあるアボカドなどに含まれるビタミンEをとることも効果的です。水分の摂取もむくみ対策には有効なので、水をたっぷりと飲むようにするとよいでしょう。
PMSの症状に悩まされている女性にとって生理前は精神的にも肉体的にも大変ですが、PMSを緩和する食事を取り入れて元気でいられるよう心がけましょう。