すっぽん
年齢とともに顔のたるみが気になってくるのではないでしょうか?顔のたるみは老化だから仕方ないと諦めている方、顔の皮膚がたるむには原因があります。ですので、原因を知ることによってたるみをある程度は防ぐことが出来るのです。顔の皮膚がたるむのは、表情筋の筋力が弱くなったり、お肌の水分量が減ることによって引き起ると言われています。

私たちのお肌は、年齢と共にコラーゲンの量が少なくなり、保湿力が失われて乾燥をしやすくなります。お肌が乾燥をすることによって皮膚は弾力を失ってしまいますので、それがたるみとなって表に出てきてしまうのです。また、顔の筋肉は腕や足などと同じで使わなければ筋力は低下をしていきます。筋肉がしっかりとついていない状態では、重力のまま皮膚が垂れてしまいます。顔のたるみを予防するなら、表情筋を鍛えることとコラーゲンの量を減らさないようにすることを意識しましょう。コラーゲンサプリ、ていねい通販 すっぽん小町を取り入れてみるのも良い選択です。お肌のコラーゲン量を維持するためには、たんぱく質が豊富な肉や魚、ビタミンCを積極的に取るようにして下さい。

そして、口角を動かしたり頬を動かすなどして表情筋のトレーニングも行いましょう。年を取れば老化現象としてたるみは少なからず出てきてしまいます。

しかし、意識をすることによってたるみにくいお肌をつくることは出来ますし、たるみを改善することだって出来るのです。年齢のせいだと諦めないで、日常生活の中でたるみ対策を行ってみて下さい。