なんだかだるい、眠くて仕方がない、頭が痛いけれど鎮痛薬では対処できない。下着に胸が入らない、ニキビが出来る、仕事でありえないミスをするこういう場合は月経前症候群の可能性があります。俗称PMSですね。
上記のことの他に、次のようなことはないでしょうか。太った、しかも数キロ単位、ついつい食べてしまう、イライラして配偶者やパートナーにあたってしまうというようなことです。家族と喧嘩してしまう人もいます。

よく女性はヒステリーを起こすといわれますが、ヒステリーという病気は今は医学的には存在しません。子宮という意味が語源ですが、てんかんのように体が急にこわばる病気です。今は身体化障害が正式名です。
一般的に言うヒステリーはどちらかというと、このPMSに近い物のイメージのようです。この時期に太った、ヒス起こすなというようなことを言われようなら人によっては大変なことになります。PMSサプリ等を使って状態を改善しましょう。たまに、あ、この人はそうかなという行動の人もいます。PMSは女性特有のものですが、男性も骨盤の開閉によって、体調の悪化が周期的に起るのです。ひと月ごとにインターネット上で暴言を吐く相手と遭遇したことがあります。文体を見ればすぐにわかりますが。

メールやライン、ブログ記事、会話などで、ああ、今は調子が悪いのだなと思ってくれる人もいますが、毎回だるい、具合が悪いとなると仕事や人間関係で問題があります。PMSサプリは女性のためにあります。ホルモンバランスを整えて快適な生活を取り戻しましょう。

PMSサプリと女性の身体 PMSになる要因

PMSの直接の要因は、性ホルモンの交代ですが、同じ女性でも、PMSサプリでは通用しないほどひどい人もいます。また、逆に体調が悪くならない人もいます。何が違うかというと体質や、考え方や生活習慣です。

実は月経というのは仲が良いとうつるということは皆様御存知ですか。ウイルスではないんだからと言われそうですが、一緒に暮らしていた私の姉はPMSの出る時期や月経周期が一緒でした。種明かしをしますと、一緒にいる率が高い人は、食事や寝る時間も似ています。考え方も似ますので、どうしても病気につながることが多いのです。全く同じということはないのですが、冷え症等の体質は似ましたね。アレルギーや血圧も似たようなものです。ダイエットに付き合わされたこともあるので、ますます似るのです。同じ夢まで見るのです。双子などはよくある現象です。ご家族が婦人科疾患をお持ちの方は予防もかねてPMSサプリを飲むといいかもしれません。

ストレスもPMSの要因です。今はスマートフォンを使う方が多いのですが、電子の光をずっと浴びていると脳が覚醒してしまいます。睡眠リズムが崩れて神経伝達物質が十分でないので、PMSの精神症状が出てしまう人は多いです。

PMSサプリだけではなく、依存癖を改善しないといけないこともあります。LINEの既読、未読、フェイスブックのリア充やさらしなど面倒くさいことの山です。PMSサプリが出てきたのは時代の必然だとも言えます。女性の身体には過酷な環境になっているのです。